「yotsuba-papa」の『ON』と『OFF』ブログ

『ON』では、ロープを使って仕事をする「yotsuba-papa」がもっと安全でわかりやすいロープ作業「可動式ワークポジショニング・ロープシステム」を広めていくことに奮闘しつつ、『OFF』では、かわいい息子たちと一緒にふれあう絵本やおもちゃ等を紹介していく「パパ目線」になりがちなブログです

おすすめセミスタティックロープ 3種類 + 1種類×3色

 

こんばんわ。

よつ葉ロープシステムの「yotsuba-papa」です。

今日は、私が今現在、実際に使用しているセミスタティックロープを3種類ご紹介します。

f:id:yotsuba-rope-system:20191120213609j:plain

私がそれぞれのセミスタティックロープを使用して感じた個人的な感覚は、こちら( ↓ )の記事をご覧ください。

 

 

 

yotsuba-rope-system48.com

 

 

私の現役セミスタティックロープ3種類

 

① Teufelberger(トゥーフェルベルガー)製のパトロンプラス(11mm)

  • 重量:75g/m
  • 破断強度A:32kN  破断強度B:18kN
  • 伸び率:3%
  • 芯部率:65%   外皮率:35%

上記は各セミスタティックロープの簡単なスペックです。「破断強度A」とは、ノット(結び)なしの状態での強度、「破断強度B」は、ノットあり(エイトノット)の状態での強度のことです。伸び率は、ロープに50㎏~150㎏の過重を掛けた時のロープが伸びる長さの最大割合だと思って下さい。(EN規格によるセミスタティックロープの伸び率は、5%以下でなくてはなりません)

 

② climbing technology社のケイブエボ(10.5mm)

 
  • 重量:72g/m
  • 破断強度A:32kN  破断強度B:18kN
  • 伸び率:3.4%
  • 芯部率:64%   外皮率:36%

 

③ climbing technology社のワークスマンエボ(11mm)

 
  • 重量:80g/m
  • 破断強度A:33kN  破断強度B:20kN
  • 伸び率:3.3%
  • 芯部率:60%   外皮率:40%

 

上記3種類のセミスタティックロープを同一の組み合わせ(ワーキングライン・ライフライン)の中で重複しないように使用しています。

ロングのセット(100m)では、ワーキングライン(メインロープ)にケイブエボを、ライフラインにパトロンプラス11mmを。

ショートのセット(40m~80m)では、ワーキングラインにワークスマンエボを、ライフラインにケイブエボを、という具合に振り分けています。

がしかし、この3種類のセミスタティックロープ 色味というか、雰囲気というか、なんとなーく似ているんです。

もちろん、私も実際に使用していて見間違ったことはありませんが、やっぱり、同一のセット(ワーキングライン・ライフライン)は、ひと目でわかる、明らかに違う色にすべきかなーと思っているんです。

「その方が、ロープの見間違えによる操作ミス・ヒューマンエラーの発生率を少しは下げることができるのではと思っているので。」

そして、使い心地も使用中の3種類のセミスタティックロープと大差ないもの、ないかなーと探しました。

・・・見つけました。

 

+ 1種類×3色  その名は「TENDON(テンドン)」

 

  • 重量:80g/m
  • 破断強度A:33kN  破断強度B:20kN
  • 伸び率:3.3%
  • 重量:80g/m

私が確認済みのカラー白・赤・青の3色です。

芯部率・外皮率は、確認できませんでしたが、ロープ径は11mmなので、ワークスマンエボと同じスペックです。

 

むしろ、同じロープなのかな???

実は、climbing technology社のケイブエボ・ワークスマンエボは、TENDON(テンドン)製のようなので、・・・そういうことなのかもしれませんね。

このセミスタティックロープ使ったことあるという方、是非、感想教えてください。

 

 

yotsuba-rope-system48.com

 

 

 
                        よつ葉ロープシステム