「yotsuba-papa」の『ロープでお仕事』ブログ

ロープを使って仕事をする「yotsuba-papa」がもっと安全でわかりやすいロープ作業「可動式ワークポジショニング・ロープシステム」を広めていくことに奮闘しつつ、高所作業による災害発生が『ゼロ』になることを懇願するブログです

ロープバッグ

こんばんわ。よつ葉ロープシステムの「yotsuba-papa」です。

 

 

yotsuba-rope-system48.com

 

 

 

セミスタティックロープ関係の記事ばかりになってますが、もうひと記事。

 はじめに

 

皆さん、ロープの収納・持ち運び、どうしていますか?

 

 

yotsuba-rope-system48.com

 

 上記の記事でも少し触れていますが、セミスタティックロープは、化学製品や塗料の付着だけでなく、砂や細かい粒子等が付着したままの状態を嫌います。

それは、作業中だけでなく、保管や持ち運び中も同じなのは当然です。

そして、セミスタティックロープは、長時間、紫外線に晒されることや高温多湿で保管されることも嫌います。

保管にも気を使わなければなりませんね。

以前は、私も写真のようにロープを丸出しで、結んで、埃っぽい倉庫の床に置いていました。

f:id:yotsuba-rope-system:20191210195552j:plain

 そして、この姿のまま、他のいろいろな道具とともに、作業車の荷台に放り込まれていました。

何も考えずに雑に荷物を積む人とかいますよね。

脚立などに擦れたりして・・・。

嫌でした・・・。

そんなこんなの様々な理由が重なり、ロープは、ロープバッグに収納するようになりました。

 

今日のおすすめロープバッグ

 

ロープバッグも様々な種類があり、かなり迷ってしまいますが、自分の「お気に入りロープバッグ」ありますか?

おススメがあれば、是非教えてください。

私からは、今現在、私が使用しているロープバッグを2種類、紹介したいと思います。

 

シート付属タイプ・ロープバッグ

 

まずは、シート上にロープを溜め、まとめて、シートごとバッグに収納するタイプです。

f:id:yotsuba-rope-system:20191202215902p:plain
f:id:yotsuba-rope-system:20191120213659j:plain

この写真のそれぞれの右上の出っ張り部分が、バッグになっています。

シートの部分でロープを包んで、ロープを包んだシートごと、バッグで包む感じです。

f:id:yotsuba-rope-system:20191202220112p:plain
f:id:yotsuba-rope-system:20191120213742j:plain

こんな感じにまとまります。

私は、太さ11㎜・長さ80mのセミスタティックロープを収納しています。

シートを広げられるだけのスペースがあれば、とても楽にロープの収納が行えます。

頻繁にロープの移動・運搬を行う場合に重宝します。

ただし、シートを広げておく必要があるため、強風時は、使いにくくなります。

私は、Black Diamond社のフルロープ ブリトーというバッグを使っています。

 

 

ダイレクト収納タイプ

 

 

バッグ内にロープを放り込んでいくタイプです。

収納に少し慣れが必要ですが、限られたスペースでロープの出し入れが可能です。

また、バッグを背負えるタイプが多く、比較的長さのあるロープを収納しても運搬が容易に行えます。

私は、TOWAプロフェショナルロープバッグの「Mサイズ」に太さ11㎜・長さ100mのセミスタティックロープまでを収納しています。

f:id:yotsuba-rope-system:20191120213818j:plain
f:id:yotsuba-rope-system:20191120213853j:plain

写真は、太さ10.5㎜・長さ100mのセミスタティックロープを収納しているものです。まだ、すこし、余裕があります。

TOWAプロフェショナルロープバッグには「S・M・L・XL」のサイズ展開がありますが、MサイズとLサイズはバッグの高さが同じ60cmなのでもっと余裕を持たせて、「Lサイズ」を選択するというのもアリかもしれません。

 

 

 

今回は、2種類・2製品のみの紹介でした。
頻繁に買い替えるようなものではないので、なかなか多種類をご紹介できませんが、是非、自分好みのロープバッグを探されてみてください。
 
                         よつ葉ロープシステム