「yotsuba-papa」の『ON』と『OFF』ブログ

『ON』では、ロープを使って仕事をする「yotsuba-papa」がもっと安全でわかりやすいロープ作業「可動式ワークポジショニング・ロープシステム」を広めていくことに奮闘しつつ、『OFF』では、かわいい息子たちと一緒にふれあう絵本やおもちゃ等を紹介していく「パパ目線」になりがちなブログです

ロープ ・ 私が使用中のセミスタティックロープ3種類の比較

こんばんわ。

よつ葉ロープシステムの「yotsuba-papa」です。

多岐にわたるロープ作業方法をわかり易くするため、そして、机上でのみロープ高所作業特別教育を受講された方が、より安全に実作業に進めるために、使用する器具や装備の種類をより限定的にし、基本となる動作・手順、器具類の選択を明確にした「可動式ワークポジショニング・ロープシステム」を広めようと奮闘しています。 

 

yotsuba-rope-system48.com

 

 

 

はじめに

 

今日は、ロープアクセスを代表とするロープ作業・可動式ワークポジショニング・ロープシステム等で使用する「ロープ」についてのご紹介です。

ひとことでロープと言ってもその種類や製品は様々です。

クレモナロープ・ザイル(ダイナミックロープ)・黄色と黒の標識ロープ(トラロープ)などなど、目的・用途によっていろいろありますが、今回、お話しするのは「セミスタティックロープ」です。

 

セミスタティックロープ

 

ちなみに、多くのロープアクセスや、ロープ高所作業、可動式ワークポジショニング・ロープシステムではこの図のように最低2本のロープを使用します。

f:id:yotsuba-rope-system:20191201204610p:plain

 作業者の体重を預けるワーキングライン(メインロープ)と俗にいう命綱にあたるライフラインは、それぞれ独立しており、使用するロープの種類が、どちらともセミスタティックロープなのです。

 

セミスタティックロープの規格

f:id:yotsuba-rope-system:20191120213609j:plain

使用するべきセミスタティックロープの種類をちょっと小難しく下記に書いてみます。

 

「ヨーロッパ規格:EN1891」の「タイプA」に適合するセミスタティックロープ

  • 破断強度(ノットなしの状態)・・・22kN以上
  • 破断強度(ノットありの状態)※エイトノット・・・15kN以上
  • 伸び率・・・5パーセント以下

 ロープの太さの選択方法としては、使用するディッセンダー(下降器)及び、フォールアレスターの両方に適合する太さのロープを選択しなければならない。

 例えば、使用するディッセンダーの適合ロープ径が「10~11.5mm」で、使用するフォールアレスターの適合ロープ径が「10~13mm」ならば、「10~11.5mm」の太さのロープを選択するのが望ましい。

 

・・・・はい。(笑) しっかりとした性能・能力のあるセミスタティックロープを使う器具に合わせた太さで選びましょうということですね。

使う器具(ディッセンダー・フォールアレスター)については、また、別の記事で書かせていただきます。

 

私が使用中のセミスタティックロープ 3種類の比較

 

  ずばり、私が、ロープを選ぶ基準は、使用するディッセンダー(下降器)との相性です。

私は、climbing technology社のスパローというディッセンダー(下降器)を使用しています。

1台目も2台目も。

その器具に対して使用したセミスタティックロープは、3種類。

① Teufelberger(トゥーフェルベルガー)製のパトロン プラス(11mm)・・・下記で紹介するclimbing technology社のケイブエボや同社のワークスマンエボと比べると少し硬い印象がしました。

しかし、私自身の感想ですが、手で握った時のグリップ感や摩擦に対する耐性(ロープ外皮表面のタフさ)は、とても優れているように感じます。また、なんとなく汚れにくいロープだなーとも感じています。現在は、私の100mのロープセットにおいてライフラインとして、ペツルのアサップロックと共に墜落阻止の役目を担っています。

 

② climbing technology社のケイブエボ(10.5mm)・・・私が現在までに計4本使用したセミスタティックロープです。とにかく、しなやかなセミスタティックロープです。climbing technology社のディッセンダー「スパロー」との相性は、抜群でとても滑らかな操作感です。ロープにノットを作る時(結ぶ)もゴワツキがないのもこのセミスタティックロープの特徴だと思います。

ただ、私は、外皮表面が汚れやすいなと感じているロープです。その分、定期的に「おしゃれ着洗い用洗剤と柔軟剤」で手洗いをしています。

また、使用回数・使用日数が経過してくると(私の場合は8~12か月)、急激に使用感が悪くなるように感じます。洗ってもしなやかさが戻らず、まるで別の種類のロープになったような感じです。

私は、それを交換時期お知らせ機能だと思うようにしています。

 

③ climbing technology社のワークスマンエボ 11mm・・・上記のケイブエボとほぼ同じく、滑らかでとても扱いやすいセミスタティックロープです。しかも、ワークスマンエボ・ケイブエボとも滑らかなのに必要以上の伸び感(ぼよんぼよん感)はなく、ロープの感覚がつかみやすく操作しやすいと思います。

私が思うケイブエボとの大きな違いは3つ。

1つは、色の違い。ワーキングラインとライフラインが同じカラーのロープだと、操作ミス等を引き起こす要因となるので絶対に避けたいですね。

f:id:yotsuba-rope-system:20191202215939p:plain
f:id:yotsuba-rope-system:20191120213609j:plain

写真左がワークスマンエボ、右がケイブエボです。

2つ目は、手で握った時の グリップ感の良さ。ケイブエボに比べて外皮率が高い為でしょうか、11mmという太さの為でしょうか、握った時の手の平との馴染み感が抜群です。また、11mmという太さは、精神的な安心感も与えてくれますね。

3つ目は、重さ。ケイブエボとワークスマンエボ、それぞれ100mの長さでは、約800gの重さの差があります。パトロンプラス11mmと比べても、約500gの差があり、実際に使用していても、ワークスマンエボは、重量感があるように感じます。

 

おすすめセミスタティックロープ

 

上記3種類の詳細は、こちら( ↓ )の記事をご覧ください。もう1種類×3色を追加で紹介しています。

 

 

 

yotsuba-rope-system48.com

 

 

まとめ

 

以上、今回は、私が実際に使用中の3種類のセミスタティックロープを紹介・比較してみました。正直、この3種類のセミスタティックロープは、自信を持っておすすめできるセミスタティックロープです。

他にも、多くのすばらしいロープがあると思いますが、使用したことないロープを「これ良いよー」とは書けませんので、たった3種類の紹介で申し訳なく思っています。

ただ、これは絶対に守ってください。

この記事の前半にも記しましたが、セミスタティックロープを選ぶ時は、

「ヨーロッパ規格:EN1891」の「タイプA」に適合するセミスタティックロープ

  • 破断強度(ノットなしの状態)・・・22kN以上
  • 破断強度(ノットありの状態)※エイトノット・・・15kN以上
  • 伸び率・・・5パーセント以下

であることを必ず確認すること。

困ったときは、上記3種類のセミスタティックロープを試してみてください。

宜しくお願いいたします。

 

 

                         よつ葉ロープシステム

 

 

yotsuba-rope-system48.com

yotsuba-rope-system48.com

yotsuba-rope-system48.com